ユニークな社内制度が採用と広報の武器になる?

こんにちは、営業担当のナカノです。

ようやく第2回目の登場となりました…待ち遠しかった…

さて、毎週月曜の更新ということで週末はネタ探しに奔走しているわけですが。

先日はちょうど隅田川の花火大会、フジロックフェスティバルの開催やドラゴンクエストⅪの発売日と、

エンターテイメント的にも話題の週末だったようです。

その中でもネット上の話題をかっさらったのが、こちらのツイート。

 

なんと!部下から「ドラクエをクリアするため」という理由で有給休暇取得の申請があり、

それを承認しました、ということみたいです。

ネットの流行とは早いもので、さあこれでブログ書くぞ!と思ったら

もうすでに色々と日曜の時点で出尽くした感が…

たとえば、「そもそも理由を書かせるのがおかしい」とか「なんて素敵な上司!」

他にも「有給休暇とはそもそも労働者の権利で…」、「時季変更権について考えてみました」などなど。

ということで、視点を変えて今回の話題について考えたいと思います。

ユニークな福利厚生や社内制度が採用や広報の武器になる

今回のツイート主は、兵庫県の株式会社ワイズエッグでCTOを務める方。

ゲームクリアのための有給取得の承認ということで、一気に話題になりました。

広報的にもわずか2~3日でこんなにも社名や業種などが知れ渡ることになるケースは珍しいでしょう。

一躍全国的に(特にドラクエファンの方に)有名になりました。

今回の事例で考えると、働き方、社風、制度、従業員などからPRが成功したケースではないでしょうか。

いろんな切り口が考えられるのですが、例えばこのツイート一つ見ても以下のことが推測されます(あくまでも予想です…)

・上司が部下のことをよく把握している(≒普段のコミュニケーションが上手くいっている)

・部下は普段真面目に仕事に取り組んでいる(恐らく…)

・業務の平準化や見える化などを推進している(≒直前の休暇申請でも問題なく対処している)

働き方改革ではないですが、なんだかいい企業だなーと思われたり、

採用(新卒・中途関わらず)での打ち出し方も変わってくるでしょう。

もちろん、従業員のモチベーションアップやエンゲージメントを高めることが本筋ですが。

副産物としてアプリのダウンロード数が増えたり、

メディアのPV数が上昇したりといった売上に関わる効果も現れたのかな、と。

このように、ユニークな福利厚生や社内制度は、上手く活用すれば広報的にもメリットがあることが伺えます。

こんなのも!?ユニークな社内制度がある企業

せっかくなので、色々とユニークな福利厚生や社内制度がある企業を調べてみました。

株式会社バーグハンバーグバーグ

こちらの会社はオリジナル休日を設けているようです。しかも、かなりインパクトのある…

たとえば、「歯を磨かない日」「何でも溶かすキックの日」など。

一見するとちょっと何言ってるかわからない休日です。これは、祝日のない6月に休みを作ろう!という制度みたいです。

詳細は企業サイトをご覧ください。ただ、業務中は要注意かと…

株式会社ジオコード

「サッカー休暇」「エンドレスサマー制度」「友人紹介制度」など。

サッカー休暇は、W杯、オリンピックなどの特別な日に適用されるみたいです。

エンドレスサマー制度は6月~7月で6日間の休暇が取れる制度、

友人紹介制度は、休暇ではありませんが、以前から話題になっているリファラルリクルーティングの制度ですね。

面白法人カヤック

こちらもある意味有名な企業ですね。中でもメジャーなのは「サイコロ給制度」

出た目で給料が決まるという、カ○ジもびっくりの運否天賦任せです。

基本給にプラスαなので、借金背負って地下帝国行きはありませんのでご安心を。

わが社にもユニークな社内制度を!な人事・広報担当者の方へ

いかがでしたでしょうか。

発想の勝利!とまではいきませんが、色々と各社取り組んでいるようです。

最初に挙げたドラクエの件ではありませんが、

企業規模の大小はあまり関係なく勝負できる環境は整っています(たとえば、SNSでの情報発信)

ではそこで、どうしたらユニークな制度を設定できるかというと…

たとえば、世間的なイベントに関連してみるのが最もイメージが湧きやすいかもしれません。

プレミアムフライデー(下火になってるかもしれませんが…)、夏フェス(まだまだシーズンですね!)などなど、

まだまだ目の付け所があるイベントがあります。

弊社でも、「メモリアル休暇」という、大切な記念日(誕生日など)にお休みが取れる制度があります。

もしかすると、名称と中身を変えて対外的に発信してみると効果があるかもしれませんね!

ということで、交渉のステージを着々と狙おうかと思います…

 

それでは、次回の更新をお楽しみに!

 

▽前回の記事はこちらから。

「ギガが減る」という言葉とユーザー目線について

 

関連記事

  1. 自己イメージを向上させる

  2. 仕事もプライベートも「目的意識」が大切。

  3. 「記録」よりも「記憶」に残る大切さ

  4. 全部が全部「営業職、事務職」っておかしくないですか?

  5. 「ギガが減る」という言葉とユーザー目線について

  6. 損得勘定で考えるよりも大事なこと