家族連れで楽しめる”競馬場”

こんにちは、サトウです。ついこの前初詣に行ったような気がするのに、今年もあと僅か。1年が終わるスピードが年々早くなっているような気がする…今日この頃です。

みなさんは「競馬場」と聞くとどんなイメージを持っていますか?先日、友人に誘われ友人たち数家族とはじめて競馬場へ出かけてきました。

私自身、今まで競馬をしたこともなく、イメージと言うと賭け事・ギャンブル大好きなおじさん達が大金を賭け熱中している…というように正直良いイメージは全くありませんでした。

先日は競馬目的ではなく、子供たちが遊べるところが結構あるらしいよ、ということで府中にある東京競馬場に出掛けることになったのですが、いざ行ってみると、

・とても広い芝生があり、ピクニックが出来る

・子供用の電車やアスレチックもたくさんある

・競馬場限定のグルメやお店もたくさんある(なんとホテルオークラのレストランも!)

・普段あまり見る機会のない馬に会える

 

と、意外なことに競馬を見る以外にも家族で楽しめる要素が満載でした。そして何より、若い女性や小さな子供連れの家族がたくさんいることに驚きました。これまでに持っていた競馬場のイメージが覆されるような光景だったのです。

当日はジャパンカップなる大きなレースがある日でお祭りのような雰囲気の中、メインレースでは何万人という観客の地響きのような歓声があがり、今この瞬間にどれだけのお金が動いたんだろう…なんて想像したり、お金を賭けていなくとも、普段味わえないない雰囲気を楽しむことが出来ました。

東京競馬場では、毎年夏にそこそこ大きな花火大会があったり、馬とふれあえるなど様々なイベントの開催、館内施設もとても奇麗に整備されるなど、利用者層を広げる狙いから様々な工夫がなされているようです。そういえばCMもよく見る様になったし、こういった努力はどの業界でもやはり必要なんですね。

何万という観客がレースで歓声を上げている様子を見て、友人が一言、「みんな馬好きなんだな・・」とつぶやいたのがとても印象に残る休日でした。

天気のいい日に、今日はどこ行こうかなぁと迷った時にはぜひ競馬場に足を運んでみてはどうでしょうか。

東京競馬場のWebサイトはこちらからご覧いただけます。

▽これまでの記事はこちら
環境を変えたいならまず自分から
人前で緊張しないための方法
お豆さんのフジッコにみる売れる為のヒント
保育園で気付いた、挨拶をしない人は損をするということ

関連記事

  1. 「記録」よりも「記憶」に残る大切さ

  2. 人前で緊張しないための方法

  3. 全部が全部「営業職、事務職」っておかしくないですか?

  4. 損得勘定で考えるよりも大事なこと

  5. 環境を変えたいならまず自分から

  6. 地域による《言葉》の違いについて

最新記事

  1. 2018.03.13

    卒業

おすすめ記事

  1. 2018.03.13

    卒業