冬の旭山動物園がおススメだというお話

あけましておめでとうございます。ハセガワです。
新年一発目なのに、原稿遅れまして、ブログ担当様申し訳ありません…

さて、年末年始、みなさまいかがお過ごしでしたか?
私は、両親が東京から富良野に移住し、実家が富良野になったので、
大好きな北海道での年越しでした。

その中で、どうしても行きたかった旭山動物園に念願かなって行って来ました!

旭山動物園と言えば、入園者数が減少した際に
形態展示から行動展示に切り替え、注目されたことで有名ですね。
今や、恩師上野動物園、名古屋の東山動植物園に次ぐ日本第3位の入園者数を誇るまでになったそうです。

入園者数の減少からの起死回生の過程が描かれたドラマが放送されたり、
プロジェクトXでも取り上げられたりしたことで、
その歴史をご存知の方も多いのではないかと推察します。

動物園の冬休みは、12月30日〜1月1日。明けた1月2日に行ったのですが、想像以上の混雑でした。

動物園といえば、子どもが喜ぶ場所、という勝手な先入観があり、
また近年他の動物園に行っていない中で言うのもなんですが、
旭山動物園は大人がすごく多いな、という印象を強く受けました。

また、海外の方もたくさんいらっしゃって、話題性の高さが窺えました。

そこで今回は、せっかくなので写真も交えてレポート形式でお届けしたい思います。

到着はそんなに早くなかったのですが、午前中のペンギンのお散歩に間に合い、最前列で悶絶!

ペンギンたちが目の前を通過したらすぐ、ホッキョクグマ館へ移動。

ちょうど泳いでいるところに遭遇しましたが、タイミングが悪く、お尻だけ…笑

色々な角度から動物の行動を観察できるのがとても楽しいですね♪

アザラシのトンネルも大人気!

私の興奮が伝わる動画でお楽しみください…(^-^;)

 

 

こちらの写真、何もないように見えてフクロウがいます。分かりますか??

正解は…雪の中に埋もれていました!

そして、午後のペンギンのお散歩。降雪の中待ち続け、特等席で鑑賞です。激しく寒いです。

人気度の高さが分かる沿道のギャラリーの数。

来ました!\(^o^)/この子だけせっかち。笑

わわわ、近い近い。すご。ズームとかしてません。

ひゃーもう、30代も半ばの私がこんなに楽しめるなんて本当にすごいところだなぁ、としみじみ。

旭山動物園の低迷期はとても大変だったようで、
園内の動物がエキノコックスで死亡するという事故も起こり
閉園直前まで追い込まれたとも言われているそうです。

追い詰められた状況で、展示方法を抜本的に変えるという、それまでと全然違うことをするのは、
とてつもない覚悟が必要だったのではないでしょうか。

どんな環境で話を進めるにしても起こり得ることですが、

それまでのやり方を覆すことに反対した人もいたかもしれません。
話を進める人に対して嫌悪感を持った人もいたかもしれません。

また、ケースによっては、現状維持が正解ということもあるでしょう。

もし…もし失敗したら、動物たちも、飼育員も、そこで終わってしまうのですから。

子どもだけでなく、大人も笑顔になれてまた行きたいと思わせてくれる旭山動物園。

発想の転換・挑戦をし続ける方と、それを支える裏方を担う方に敬意を持った1日でした。
最後、真面目な話になってしまいましたが、結論はこれです。

冬の旭山動物園、おススメです。

ペンギン、かわいかった…癒された…

▽これまでの記事はこちら

「相談できる人」、「叱ってくれる人」を大事にしましょう。
損得勘定で考えるよりも大事なこと
仕事もプライベートも「目的意識」が大切。
人間関係を良くするための「相手の心」を動かす方法

関連記事

  1. 72時間ホンネテレビってすごい!やりたいことを正解にする方法

  2. 宇宙戦隊キュウレンジャーはなぜ9人もいるのか、自分なりに考えてみた

  3. 仕事に対する熱意、持っていますか?

  4. 卒業

  5. 「ギガが減る」という言葉とユーザー目線について

  6. 損得勘定で考えるよりも大事なこと

最新記事

  1. 2018.03.13

    卒業

おすすめ記事

  1. 2018.03.13

    卒業